AutoCADの作業スペース 「モデル空間」と「ペーパー空間」

AutoCADの作業スペース 「モデル空間」と「ペーパー空間」

AutoCADで作図をする時、2つの空間を使い分ける必要があります。
「空間」という言葉を使っていますが、手書きの図面で言うと、紙に当たります。
2つの紙の使い分けをしましょう。

モデル空間は紙、ペーパー空間はトレペ

モデル空間

モデル空間は手書き図面で言うと紙です。
いわゆる作図スペースです。
図面はこのモデル空間ですべて作成します。
jw-cadのように、スケールによる分類はなく、
すべて1/1スケールで描きます。
スケールは図面を印刷するときに設定しますが、
どのスケールで書くかは、最初にある程度決めておかなければなりません。
なぜなら、文字や寸法、線種等が関係してくるからです。

左下の赤色部分がモデル空間です。これは名前は変更できません。

ペーパー空間

ペーパー空間は、手書き図面で言うとトレペです。
モデル空間では、図面しか書きませんが、
ペーパー空間では図面枠や社名など、
絶対に動かないものや変わらないものを書きます。

また、ペーパー空間は印刷機能を持っています。
印刷は、ほぼペーパー空間から行います。

ペーパー空間でちょっとしたキャプションや注釈などは入れることもできます。

モデル空間の横すべてが「ペーパー空間」です。名前は変更できます。

使い分け

では、使い分けを簡潔に説明しましょう。
「モデル空間」では図面を書いて、「ペーパー空間」では、図面枠等の動かないものを書きます。
そして、印刷するときは、「ペーパー空間」から印刷するのが定石です。

ただし、簡易に印刷したい場合は、もちろんモデル空間から印刷できます。

印刷について

ペーパー空間から印刷する場合、
様々な設定が必要です。ただし、一度設定してしまえば、困ることはありません。

また、尺度によって印刷する範囲を調整する必要も出てきます。
これは、次回の記事で印刷について説明していきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。